はっきり言って道新嫌いです

181  2016-03-15 22:43:27
当サイトに北海道新聞様からのアクセスがございますが、当サイト管理者は断言しておきます。 ●北海道新聞の記事における特に運輸関係の記事には事実誤認や重箱の隅を突くが如く事業者を無意味に叩く記事が多く、読むに耐えません。 よって、当サイトの閲覧について制限を課すことはいたしませんが、当サイトは一切北海道新聞に協力することはいたしません。 私の趣味とする運輸関係ですらこれほど嘘や誤認による記事を書かれるのですから、当然他の分野の記事も同様に嘘や誤認(意図してやってるのかもしれませんけどね)であろうことが想定できるからですね。 JR北海道の札幌圏輸送は横ばいもしくは微増と言える状況が続いています。これは札幌市の人口の伸びより多くなっています。これはJR北海道の「企業努力」です。 では、なぜ北海道新聞は札幌市内ですら部数を落としているのでしょうか?企業努力が足りないからです。 夕張や留萌....

続きを読む

正月は買い物を

171  2016-01-04 20:27:39
この年末年始は私自身は待ったりとしておりました。 特に出かけるところもないので、各方面列車が止まりましたが何の影響もなかったです。それにしてもこの年末年始の列車の止まり方は本当に酷かったですね。 当サイトにも時刻を調べる方や運行情報を得ようとする方が多数訪問されていたようで、何かのお役に立てれば良かったんですが、基本的にお役に立てる情報もなかったのではないかと思います。 昨今なにかイベント時に予想もつかない場所を原因に列車が止まるのは、半分内部テロのようなものを疑っていますが、それ以前にJR北海道自体が出せる救済列車も出さず、打てる手があっても打たないような、そういう面を感じます。今は道路の手段がそれなりに優れているので、列車を運行しなければならない使命感は少ないように感じますね。 停止の原因などはそのうち発表になるでしょうが、JRも利用客もここで何かが起きたらどういう....

続きを読む

本年もよろしくお願いいたします

170  2016-01-01 01:42:10
無事年も明けまして、本年も本サイトをどうぞよろしくお願いいたします。 今年は北海道の鉄道は大きな開通のニュースがあります。 悲願だった北海道新幹線の開業が3月26日となります。批判の多いことは承知していますが、国家の骨格となる「移動の自由」を確保することは大事なことです。北海道が初めて航空機以外の高速大容量の輸送機関を入手します。それは今は小さな一歩でしょうが、後々大きな意味を持ってくることでしょう。 その代わり夜行列車の削減、道南いさりび鉄道にみられるJRからの切り離し、そして、JR北海道自体の地方路線での減便等の問題も切り離しては考えられません。 しかしながら、わずか700億円程度の売り上げしかないJR北海道が赤字前提とはいえ108億もの売り上げを新幹線で想定するということが、どれほど新幹線というものが経営に寄与するか。 当サイトでは北海道内の「移動」という観....

続きを読む

新しい一年が幸せな一年でありますように

169  2015-12-31 01:35:47
本年のご愛顧ありがとうございました。 当サイトもいろいろやり残したことがありまして、正月休みにいくつか直しを入れているところではありますが、なかなかものになるかどうか。 それでも、来年はもっと良いサイト、見やすいサイトを目指していきたいなと思いますので、ご愛顧よろしくお願いいたします。 リクエストや改善点などのご連絡もいくつかいただいておりますが、来年こそは少しづつでもお答えできればいいなと思っております。 新しい年がご訪問の皆様にとってより良い一年でありますように。....

続きを読む

年末の憂鬱

167  2015-12-27 00:49:31
たまに日記らしいのを。 ここ数週間は部屋の改装をしてました。ワタシの家は戸建てではあるんですが部屋数は多くありませんので、子供たちが2段ベッドで同室だったんですね。それを解消するために私の「書斎」がなくなってしまいました。 これ、意外と困りまして、夫婦の寝室に今は仮設の机を自作しましてここにパソコンとか一通りの開発環境を移動しまして、やっと今日から稼働という感じです。 その初仕事が「年賀状の作成」これ、毎年憂鬱ですねぇ。年賀状自体はそれほど苦も無く毎年作るんですが、今年は寄付金付き年賀はがきをチョイスしてしまいまして、はい、北海道版は「北海道新幹線」の柄なんですね。 でも、この新幹線とサルと住所とかをバランスよく配置するのに苦戦。何とか先ほど完成して、今一生懸命プリンターが稼働しております。 まだ寝室のテレビやら音楽関係の配線、BS、CSとかもふくめて何も終わっていないの....

続きを読む

次を表示する
最新を表示する