北海道交通関係報道

管理者が気になった北海道の交通関係(航空・新幹線・地下鉄・市電・JR・道路交通等)報道をあつめたものです。
媒体名は各記事へのリンクになっていますが、リンク先が掲載期間終了などで無くなっている場合、また、有料記事などで閲覧できない場合があります。
検索入力: 以降 まで
かな・漢字対応(スペースで複数項目)

235件見つかりました

高谷北斗市長が死去 65歳 新幹線観光に尽力
2017年12月16日 北海道新聞

 【北斗】北斗市長の高谷寿峰(たかや・としみね)氏が16日午前11時3分、市立函館病院で死去した。65歳。  高谷氏は11月27日から肺炎で同病院に入院し、公務を休んでおり、12月5~12日の定例市議...

セイコーマート、元日休業が大幅増 人手不足が背景に
2017年12月16日 朝日新聞

 コンビニエンスストア「セイコーマート」を運営するセコマ(札幌市)は、2018年元日に少なくとも全店の約半数にあたる639店を休みにする。今年の元日に休みにした42店から大幅に増える。コンビニの元日休...

「スーパー北斗」に統一 札幌―函館間特急 来春ダイヤ、根室線・羽帯駅廃止
2017年12月16日 北海道新聞

 JR北海道は15日、来年3月17日のダイヤ改正で、函館線札幌―函館間の特急「北斗」を廃止し、より快適な「スーパー北斗」に統一すると発表した。北斗で使用してきた国鉄時代からの「キハ183系」の代わりに...

土砂流出で運転見合わせの函館線 再開18日以降
2017年12月16日 北海道新聞

 【黒松内】後志管内黒松内町のJR函館線熱郛(ねっぷ=同町)―目名(めな=同管内蘭越町)間で線路の土砂が流出し、長万部―蘭越間の運転を見合わせていることについて、JR北海道は15日、少なくとも17日ま...

改札開かず1人乗れず 七飯
2017年12月16日 北海道新聞

 【七飯】JR北海道函館支社は15日、JR函館線七飯駅(渡島管内七飯町)で14日夜に自動改札のドアが開かず、少なくとも1人が列車に乗れなかったと発表した。駅員が自動改札の電源を入れ忘れたという。  同...

高架駅耐震など支援を 高橋知事ら国交相に18日要請
2017年12月16日 北海道新聞

 JR北海道の路線見直し問題を巡り、高橋はるみ知事は18日、鉄路維持に向けた国の抜本的な支援を石井啓一国土交通相に要請する。青函トンネルの維持管理費の軽減など、従来の要請内容に加え、高架駅の耐震対策へ...

JR北海道の施設整備支援、国に要求 公明党道開発振興委が提案
2017年12月16日 北海道新聞

 JR北海道の路線見直し問題を議論している公明党の北海道開発振興委員会(委員長・横山信一参院議員)は15日、「北海道の公共交通網の確保に向けた提案」を発表し、国に対して、JR北海道の施設整備を支援する...

特急列車で特産品を販売
2017年12月16日 STV

JR北海道が単独での維持が困難だとしている石北線の特急で、沿線の魅力を楽しんでもらおうと、特産品の販売が始まりました。 特産品の販売が始まったのは、JR石北線の「特急オホーツク」や「特急大雪」で、遠軽...

外国人が交通ルール学ぶアプリ
2017年12月15日 NHK

日本の交通ルールや雪道運転の注意点などをクイズ形式で学べる外国人向けのアプリが開発され、新千歳空港周辺のレンタカー会社で15日から外国人観光客に利用してもらう取り組みが始まりました。 このアプリはレン...

候補は3つ 市民団体が札幌市電延伸早期実現を要請
2017年12月15日 HTBニュース

 札幌市電の路線延伸を一日も早く実現してほしいと市民団体が札幌市に要請しました。  要請したのは札幌市の市民団体です。3600を超える市民の署名とともに、札幌市が検討している3つの市電の延伸案を、具体...

遠軽と白老で列車とシカの接触相次ぐ
2017年12月15日 北海道新聞

 【遠軽、白老】14日夜と15日朝、道内のJRで列車とシカの接触が2件発生し、運休や遅れが相次いだ。  14日午後9時半ごろ、オホーツク管内遠軽町のJR石北線生田原駅構内で、札幌発網走行きの特急オホー...

球場と新駅 高架式歩道で結ぶ 北広島市、日本ハム支援案示す
2017年12月15日 北海道新聞

 【北広島】プロ野球北海道日本ハムの新球場を核にするボールパーク(BP)構想で、誘致を目指す北広島市は14日、JR北海道に要望中の新駅と球場を直結させる高架式歩道を整備するなど、市側の新たな支援案を明...

ポーズでなく具体論を 道議会にJR特別委
2017年12月15日 北海道新聞

 道議会はJR北海道の路線見直し問題を集中討議する特別委員会を設置したが、「取り組む姿勢をアピールしたいだけでは」との冷めた見方が議会内外にある。対象路線の存廃や道の支援の在り方といった難題の「最適解...

釧網線あり方考えるシンポジウム
2017年12月15日 NHK

JR北海道が単独では維持が困難としている釧網線のあり方を考えるシンポジウムが、14日夜、網走市で開かれました。 このシンポジウムは、JR釧網線の沿線の10の市町村が開き、住民などおよそ300人が出席し...

JR特別委、来月から議論 道議会が設置案を可決
2017年12月15日 北海道新聞

 第4回定例道議会は14日、本会議を開き、JR北海道の路線見直し問題を話し合う「北海道地方路線問題調査特別委員会」設置の決議案などを可決して閉会した。特別委は来月から本格的な議論を始め、必要と判断すれ...

函館観光客7・7%減 年度上期 新幹線効果落ち着く
2017年12月15日 北海道新聞

 【函館】函館市は14日、2017年度上半期(4~9月)に市内を訪れた観光客数が前年同期比7・7%減の338万2千人だったと発表した。北海道新幹線の開業効果が落ち着き、新幹線を含む鉄道やバスの落ち込み...

釧網線存続へ議論 網走初のシンポに350人
2017年12月15日 北海道新聞

 【網走】オホーツク圏活性化期成会の釧網線部会(部会長・水谷洋一網走市長)は14日、JR北海道が単独維持困難とする釧網線(東釧路―網走)の存続に向けた初のシンポジウムを網走市内で開き、住民約350人が...

29日と3日ピーク 新幹線堅調、在来線特急苦戦 予約状況
2017年12月15日 北海道新聞

 JR北海道は14日、年末年始(12月28日から来年1月4日まで)の指定席予約状況を発表した。13日現在の北海道新幹線の予約席数は、開業して初の年末年始だった前年度同期に比べ1・4%減となったが、開業...

(社説)道のJR支援 鉄路の行方まだ見えぬ
2017年12月15日 北海道新聞

 道がようやく重い腰を上げた。  JR北海道が単独で維持困難とする10路線13区間の見直し問題を巡り、高橋はるみ知事は道議会で、JRの自助努力を前提に財政支援する考えを初めて示した。  道が出資する第...

JR第三者委の「時間の浪費」に高橋知事、「真摯に議論、意義あった」
2017年12月15日 読売新聞

 高橋はるみ知事は14日の記者会見で、JR北海道の第三者委員会から路線見直しを巡るこれまでの協議を「時間の浪費」と批判されたことに不快感を示した上で、「地域が、鉄路を巡る問題に悩みながら向きあい、真摯...

「ワイヤロープ」効果あり 設置後正面衝突皆無 国交省中間報告【函館】
2017年12月15日 函館新聞

 暫定2車線の高速道路での正面衝突防止のため、国土交通省が今年度から検証している「ワイヤロープ」の設置箇所の交通状況(中間報告)が公表された。渡島管内では落部インターチェンジ(IC)-国縫IC間の14...

上半期観光客7・7%減、外国人宿泊は最多20万人【函館】
2017年12月15日 函館新聞

 函館市が14日に発表した2017年度上期(4~9月)の観光入り込み客数(推計値)は約338万2000人で、北海道新幹線の開業ブームに沸いた前年同期を7・7%下回った。おととしとの比較では5・3%上回...

花咲線 上下分離方式選択肢の一つ/釧路市議会
2017年12月15日 釧路新聞

 釧路市の蝦名大也市長は14日、JR北海道が単独では維持困難とする花咲線(釧路―根室間)の存続に向け、根室地方総合開発期成会の特別委員会が上下分離方式を検討しJRとの協議に前向きな姿勢を表明したこ...

「他12線区の動き重要に」
2017年12月15日 日高報知新聞

【新ひだか】町議会定例会は14日、5議員が一般質問した。この中で酒井芳秀町長は、JR日高線が不通になっている問題で、JR北海道が単独では維持困難と公表した10路線13線区のうち、日高線を除く12線区の...

183系車両が順次廃止に
2017年12月15日 STV

来年3月のJR北海道のダイヤ改正で、札幌ー函館間を国鉄時代から走っていた特急車両が姿を消すことになりました。 来年3月のダイヤ改正で、札幌ー函館間の特急北斗としておよそ35年にわたり親しまれた183系...

"ロケットのマチ"でプロジェクト始動 自動運転バス 新たな過疎対策の切り札なるか? 北海道大樹町
2017年12月14日 UHB

 "ロケットのマチ"として知られる北海道大樹町で、注目のプロジェクトが動き始めています。  狙いは過疎から住民の暮らしを守ること。新たな切り札となるのでしょうか。  人口約5700...

名寄を道北物流の拠点に 地域連携物流検討協が発足・道の駅活用した実証実験も計画
2017年12月14日 名寄新聞

 【名寄】物流の在り方を考える、名寄地域連携物流システム検討協議会(会長・藤田健慈名寄商工会議所会頭)が13日に発足。第1回会議が同日に名寄商工会議所で開かれ、今後、「名寄周辺モデル地域圏域検討会」...

JR 道議会特別委で議論加速
2017年12月14日 NHK

JR北海道の路線見直し問題について特化して議論する道議会の特別委員会が14日、初めて開かれ、選任された委員長は、交通の確保は喫緊の重要課題だという認識を示し、道議会としても議論を加速させる考えを示しま...

知事“時間の浪費ではない”
2017年12月14日 NHK

JR北海道の第三者委員会が路線見直し問題への道の対応を「時間の浪費」などと指摘したことに対し、高橋知事は、14日、記者会見で「『時間の浪費』ではなく、真摯に議論を行ってきた意義ある1年だ」と述べ、反論...

帯広駅前バス待合所 名称決まる
2017年12月14日 NHK

帯広市が建て替えを進めているJR帯広駅前の新しいバス待合所の名称が、一般公募の結果、「バスターミナルおびくる」に決まりました。 JR帯広駅の北側では現在、帯広市が路線バスの待合所に観光案内所やレンタサ...

北海道新幹線が挑む、2つの“4時間の壁”
2017年12月14日 NHK

長距離を移動するとき、飛行機と新幹線のどちらを選びますか? その分岐点は、所要時間=4時間だと言われています。4時間以上かかるなら飛行機、4時間以内に到着するなら新幹線の利用が多いというわけです。利用...

駅ノート「返して」 いさりび鉄道の泉沢駅でなくなる
2017年12月14日 北海道新聞

 道南いさりび鉄道(五稜郭―木古内、いさ鉄)の泉沢駅(木古内町)に置かれていた、観光客などが思い出や感想を書き込む「駅ノート」がなくなっていたことが分かった。同社は持ち去られたとみており、返却を呼びか...

道議会にJR特別委員会設置
2017年12月14日 HTBニュース

 単独では維持困難な路線発表から1年あまり。  路線見直しを含めたJRの再生を進めるためきょう、道議会に特別委員会が設置されました。  きょうの道議会本会議でJRの路線見直し問題を調査する特別委員会設...

日ハム新球場誘致 北広島、大型ゴンドラなど交通手段も検討
2017年12月14日 北海道新聞

 【北広島】プロ野球北海道日本ハムの新球場を核とするボールパーク(BP)構想の誘致を目指す北広島市は、球場から最寄りとなる新駅の開設についてJR北海道にあらためて正式要請する一方、新駅設置が困難な場合...

JR・札幌~函館間 183系車両来春廃止へ
2017年12月14日 hbcnews

JR北海道の来年春のダイヤ改正で、国鉄時代から親しまれてきた183系車両が札幌ー函館間から姿を消すことになりました。 札幌ー函館間を結ぶ特急北斗では、1983年から183系車両が導入され、一時、すべて...

JR、過疎債活用を提案 釧路―根室間に
2017年12月14日 朝日新聞

釧路―根室間自治体に 上下分離に対応  JR北海道の路線見直し問題をめぐり、JR北が根室線の釧路―根室間の自治体に対し、過疎対策事業債を活用した地元負担案を提案したことが分かった。この制度を使うと、自...

JR社長 新たな支援枠組み期待
2017年12月14日 NHK

JR北海道の島田社長は13日の記者会見で路線見直し問題をめぐり、国に対して新たな支援の枠組みを求めるという道の方針について、前向きに進めてほしいという考えを示しました。 JR北海道の路線見直し問題では...

好機迎える道東観光 ピーチ釧路-関西8月就航 搭乗率が鍵
2017年12月14日 北海道新聞

 格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーション(大阪府田尻町)が来年8月に釧路―関西線の定期航路を開設することになり、道東観光は大きな転機を迎える。流氷や野生動物など豊かな観光資源に恵まれながら、交...

ピーチ釧路―関西8月就航 道東路線さらに検討
2017年12月14日 北海道新聞

 格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーション(大阪府田尻町)の井上慎一最高経営責任者(CEO)は13日、札幌市内で記者会見し、釧路―関西線を2018年8月1日に開設すると発表した。LCCが道東地方...

「維持困難」3路線で名所巡り JR北海道が新企画
2017年12月14日 北海道新聞

 JR北海道は13日、今冬の利用促進策として、流氷の海に沈む夕日を望む知床などの名所を列車と車で巡る旅と、建物やホームの写真から駅を推理して訪れる企画を発表した。  名所巡りは上川管内美瑛町の青い池、...

JR函館線が土砂流出で運休 14日も
2017年12月14日 北海道新聞

 【黒松内】13日午前10時55分ごろ、後志管内黒松内町のJR函館線熱郛(ねっぷ)―目名(めな)間で、線路の土砂が流出しているのをJR北海道のグループ会社社員が見つけた。JRは同区間の運行を取りやめ、...

北海道新幹線利用 11月は20%減 乗車率21%
2017年12月14日 北海道新聞

 JR北海道は13日、北海道新幹線の11月の利用実績が前年同月比20・1%減だったと発表した。1日平均乗客数は4千人で、乗車率は21%だった。  開業効果が薄れていることなどから、前年同月の乗車率(2...

JR北海道、非鉄道事業強化へ 本業赤字穴埋め
2017年12月14日 北海道新聞

 JR北海道の島田修社長は13日、非鉄道事業を強化し、グループ全体の事業基盤を固める考えを明らかにした。好調なホテル業、JRタワー、小売業などで収益の底上げを図る。鉄道事業の赤字を穴埋めするとともに、...

JR問題の自民PT 「来夏までに方向性」
2017年12月14日 北海道新聞

 JR北海道の路線見直し問題で、自民党のJR北海道対策プロジェクトチーム(PT)は13日、衆院選後初の会合を東京都内で開き、来年夏までにPTとして一定の方向性を出す方針を確認した。  国が2016年度...

留萌線の利用促進策、16項目打ち出す 1市4町の会議
2017年12月14日 北海道新聞

 【深川】JR留萌線の存続を目指し、深川市など1市4町の首長らでつくる「北空知JR留萌本線問題検討会議」(会長・山下貴史深川市長)は13日、深川市役所での会合で、16項目の利用促進策を打ち出した。来年...

石北線維持へ費用負担検討 上川などの期成会
2017年12月14日 北海道新聞

 オホーツク圏活性化期成会と上川地方総合開発期成会は13日、石北線(新旭川―網走)の維持に向けた今後の協議方針を公表した。これまでに示されたJRの経費削減策や沿線自治体による利用促進策では路線の収支...

JR財政支援、沿線自治体も 高橋知事が意向
2017年12月14日 北海道新聞

 高橋はるみ知事は13日、JR北海道の路線見直し問題で同社への財政支援を表明したことに関し、道庁で記者団に「国にさらなる具体的な支援メニューを求めていく。それだけでは不十分なので、道も沿線自治体も共に...

道の財政支援「歓迎」 JR社長、路線見直しで言及
2017年12月14日 北海道新聞

 JR北海道の島田修社長は13日の定例記者会見で、JRが単独では維持困難とする10路線13区間の見直しを巡り、高橋はるみ知事がJRへ財政支援する考えを表明したことを受け、「地元協議の後押しに間違いなく...

宅配弁当で49人食中毒 札幌
2017年12月14日 北海道新聞

 札幌市保健所は13日、札幌市東区の弁当製造「札幌駅立売商会」が製造した弁当を食べた49人が、下痢や腹痛などの症状を訴え、このうち12人の便から、食中毒を引き起こすウェルシュ菌を検出したと発表した。保...

青函トンネル内200キロ走行 北海道新幹線、19年度にも
2017年12月14日 北海道新聞

 国土交通省は13日、北海道新幹線で最高速度が140キロに制限されている青函トンネル(約53キロ)で、2019年度にも年末年始などの一部期間に200キロ走行の営業運転を行うと発表した。現在、東京―新函...

北海道)北海道新幹線 「4時間の壁」破れるか
2017年12月14日 朝日新聞

 北海道新幹線の青函トンネル内で来春、最高速度を時速140キロから160キロ以上に引き上げる走行試験が始まることになった。国土交通省の有識者会議が13日、打ち出した。JR北海道によると、速度の引き上げ...

道北や道東で風雪強まる 交通障害に警戒
2017年12月14日 北海道新聞

 道内上空に真冬並みの強い寒気が流れ込んだ影響で13日、道北や道東では風雪が強まった。14日は冬型の気圧配置が緩む見通しだが、札幌管区気象台は吹きだまりによる交通障害などに警戒を呼び掛けている。  道...

阿寒湖温泉地区を2次交通拠点に ピーチ就航受け
2017年12月14日 日本経済新聞

 格安航空会社(LCC)、ピーチ・アビエーションが関西国際空港と釧路空港を結ぶ定期便就航を決めたのを受けて、地元関係者は道東での2次交通の拠点として阿寒湖温泉地区の機能を強化する。旅客の利便性向上...

ピーチ、釧路―関空線18年8月就航
2017年12月14日 日本経済新聞

 格安航空会社(LCC)大手のピーチ・アビエーションは13日、釧路空港と関西国際空港を結ぶ路線を2018年8月に就航すると発表した。道東地域でのLCC就航は初めて。同社は2018年度に新千歳空港を...

北海道新幹線、青函トンネル内160キロに 19年春にも
2017年12月14日 日本経済新聞

 国土交通省は13日、北海道新幹線の最高速度が時速140キロに制限されている青函トンネルについて、2019年春にも160キロに引き上げる方針を決めた。18年度に試験走行をした上で実施する。これまで...

<北海道新幹線>青函トンネル内の高速化決定
2017年12月14日 河北新報

 北海道新幹線新青森-新函館北斗間の高速化を巡り、国土交通省は13日、貨物列車との共用走行区間(約82キロ)のうち青函トンネル内(約54キロ)の最高時速を2019年春にも160キロに引き上げる方針を決...

青函トンネル内160キロに 最高速度 新幹線、19年春にも上げ
2017年12月14日 日本経済新聞

 国土交通省は13日、北海道新幹線の最高速度が時速140キロに制限されている青函トンネルについて、2019年春にも160キロに引き上げる方針を決めた。18年度に試験走行をした上で実施する。これまで...

食中毒で営業停止 駅弁にも影響
2017年12月14日 STV

札幌市にある弁当業者の宅配弁当を食べた男女49人が食中毒症状を訴え、保健所はこの業者を5日間の営業停止にしました。この業者は札幌駅で駅弁も販売していて、影響が出ています。 札幌市保健所によりますと、今...

“月形まで”路線維持求める
2017年12月14日 STV

JR北海道が赤字のためバス転換を提案している札沼線に関して、沿線の4つの自治体は運行区間を短くして、石狩月形駅まで維持することをJRに求める方針であることがわかりました。 JR札沼線は、北海道医療大学...

(日高自動車道厚賀IC)「のぼり」と「ポスター」
2017年12月14日 日高報知新聞

 「優駿日高道!! オールひだか魅力発信キャンペーン」として、来年3月予定の日高自動車道厚賀IC(インターチェンジ)開通と日高の魅力をアピールする「のぼり」と「ポスター」を製作し、日高地域の関係機関や...

「石狩月形駅」までの存続を求める
2017年12月14日 STV

JR北海道が、赤字のため、バス転換を提案している「札沼線」に関して、沿線の4つの自治体は運行区間を短くして、石狩月形駅まで維持することをJRに求める方針であることがわかりました。 JR札沼線の北海道医...

輝くSL 師走彩るイルミ点灯/釧路
2017年12月14日 釧路新聞

 釧路製作所(新名弘人社長、釧路市川北町9)の敷地内にある蒸気機関車SL8722号機に13日イルミネーションがともされ、光に彩られた冬の風物詩を観客が楽しんだ。 今回のスローガンは「銀河鉄道の夜へ...

函館線路盤流失、復旧めどたたず 熱郛-目名間 /北海道
2017年12月14日 毎日新聞

 JR北海道は13日、函館線熱郛(ねっぷ)駅(黒松内町)と目名(めな)駅(蘭越町)の間で線路下の路盤が4メートルにわたって流失し、普通列車7本が運休したと発表した。同区間は14日も終日運転を見合わせ...

JR北社長、過疎債活用を提示 花咲線、地元負担案 /北海道
2017年12月14日 毎日新聞

 JR北海道の赤字線区見直し問題で、島田修社長は13日、根室線釧路-根室間(花咲線)では地元負担案として、過疎対策事業債(過疎債)を活用した枠組みを提示していることを明らかにした。道も設備投資などで...

知事定例記者会見
2017年12月14日 北海道庁

(北海道新聞)  今月(12月)6日のJR北海道再生推進会議の有志の方々の会見で、JR、道などに対して「時間の浪費」や「道のリーダーシップ」というような厳しい意見がありました。JRの島田社長はこれを受...

花咲線に過疎債活用 JR北、沿線自治体に説明
2017年12月13日 日本経済新聞

 JR北海道の島田修社長は13日の記者会見で、見直し対象である根室線の釧路―根室間(花咲線)の沿線自治体に、路線維持のための地元負担手法として過疎対策事業債(過疎債)の活用を説明したことを明らかに...

JR函館線 線路で路盤流出
2017年12月13日 NHK

13日午前、後志の黒松内町にあるJR函館線の線路で長さ4メートルにわたって路盤が流出しているのが見つかり、この区間を走る普通列車7本が運休になりました。 JR北海道は14日も始発から終日函館線の一部区...

LCC"初" 釧路空港と関西空港結ぶ定期便就航へ 外国人観光客獲得に期待
2017年12月13日 UHB

 格安航空会社のピーチ・アビエーションが、LCCとして初めて北海道・釧路空港と関西空港を結ぶ定期便を就航すると発表しました。今後、道東地方での外国人観光客の獲得が期待されます。  12月13日、格安航...

LCC・ピーチが来年釧路に就航
2017年12月13日 hbcnews

13日、関西を拠点とするLCC=格安航空会社のピーチ・アビエーションが釧路と大阪を結ぶ、定期路線の就航を発表しました。道東へは初の乗り入れです。(ピーチアビエーション井上慎一CEO)「東アジアを代表す...

“4時間切り”へ試験走行決定
2017年12月13日 NHK

北海道新幹線の高速化を検討している国の作業部会が13日開かれ、青函トンネル内の最高速度を引き上げる試験走行を来年度、実施することを正式に決めました。これで東京と新函館北斗の間は、再来年にも4時間を切る...

道東初のLCC定期便 就航へ
2017年12月13日 NHK

LCC=格安航空会社のピーチ・アビエーションは、来年8月から、道東で初めてとなるLCCの定期便を就航させることを発表しました。 ピーチ・アビエーションが新たに就航させるのは、関西空港と釧路空港を結ぶ定...

札幌 弁当で49人食中毒
2017年12月13日 NHK

今月4日、札幌市の業者が製造した同じ弁当を食べた49人が下痢や腹痛を訴え、保健所は弁当が原因の食中毒と断定し、業者を5日間の営業停止にしました。 札幌市保健所によりますと、今月8日、札幌市東区の弁当製...

釧路と関空を結ぶ初のLCC路線が来年8月に就航
2017年12月13日 HTBニュース

 道東に格安航空の新たな路線が誕生します。  LCCのピーチ・アビエーションは13日、来年8月に釧路・関西線を就航すると発表しました。路線の開設で道東の観光客の増加が期待されます。新路線は1日1往復で...

赤字路線問題で道が財政支援 JR社長が「歓迎」
2017年12月13日 HTBニュース

 JRの赤字路線問題で高橋知事が12日に財政支援を初めて表明したことについて、JR北海道の島田社長は「歓迎したい」と話しました。  高橋知事が12日に設備投資や修繕に対してJRへ財政支援を行う意向を示...

道北や道南で大雪や暴風 13日夜まで悪天候 交通に乱れ
2017年12月13日 北海道新聞

 道内上空に強い寒気が流れ込んだ影響で、道北や道南では13日も風雪が強く、一部の交通機関に乱れが出た。札幌管区気象台は13日夜まで悪天候が続くとして、大雪や暴風への警戒を呼び掛けている。  気象台によ...

知事がJR財政支援表明 車両や駅に 上下分離想定せず
2017年12月13日 北海道新聞

 JR北海道の路線見直し問題を巡り、高橋はるみ知事は12日の道議会予算特別委員会の知事総括質疑で「鉄道運行の安全性の確保や設備投資、修繕に対して支援を行いたい」と述べ、鉄路維持に向け、JRへ財政支援す...

奥尻発フェリー欠航なら鍋パーティー 1~3月、有料で
2017年12月13日 北海道新聞

 【奥尻】フェリーが欠航したら鍋パーティーに参加して―。檜山管内奥尻町で来年1~3月、奥尻発のフェリーの欠航によって島に足止めされた観光客やビジネス客らを対象にした有料の鍋パーティーが開かれる。延泊を...

地域協議の打開目指す 知事、JRへ財政支援明言
2017年12月13日 北海道新聞

 <解説>高橋はるみ知事がJR北海道への財政支援を明言したのは、道として公費負担の姿勢を見せることで、一部を除き膠着(こうちゃく)状態にあるJRと沿線自治体の路線見直し協議を進展させる狙いがある。地域...

自治体主導の地方創生訴え 横内氏が講演
2017年12月13日 北海道新聞

 北海道経済同友会(横内龍三代表幹事)の第4回例会が12日、札幌市内のホテルで開かれ、横内代表幹事(北洋銀行会長)が「北海道が抱える課題と将来展望」と題して講演した。  経営者ら約190人が出席した。...

ほっくるテナント1軒撤退、時間短縮3軒 新函館北斗駅前 市、集客策出せず
2017年12月13日 北海道新聞

 【北斗】JR新函館北斗駅前ビル1階の飲食・物販スペース「ほっくる」で11月末までにテナント1軒が撤退、3軒が営業時間を短縮したことが分かった。北海道新幹線の利用者減や立地場所の分かりにくさなどが要因...

第2の青函「造るべきだ」 東大名誉教授が講演
2017年12月13日 北海道新聞

 建設会社などでつくる日本プロジェクト産業協議会(JAPIC、東京)副会長の中村英夫・東大名誉教授を招いた講演会が12日、札幌市内のホテルで開かれた。中村氏はJAPICが2月に発表した津軽海峡の海底下...

日本海側中心に大雪、函館空港33便欠航 13日も荒天
2017年12月13日 北海道新聞

 冬型の気圧配置が強まり、上空に真冬並みの寒気が流れ込んだ影響で道内は12日、日本海側を中心に大雪や暴風に見舞われた。函館空港発着の33便が欠航するなど交通にも影響が出た。札幌管区気象台は13日も引き...

酒井氏が4期目出馬表明 来年4月の新ひだか町長選
2017年12月13日 日高報知新聞

【新ひだか】任期満了に伴う来年4月10日告示、同15日投開票の町長選挙に向け、現職の酒井芳秀氏(73)が4期目の出馬を表明した。12日開会の町議会定例会で、畑端憲行氏の一般質問に答えた。  酒井氏は「...

冬休み幼児運賃無料 千歳市内路線バス3社
2017年12月13日 苫小牧民報

 千歳市内で路線バスを運行する千歳相互観光、道南、あつまのバス3社は冬休み期間に当たる23日~1月21日、小学校入学前の幼児運賃を30日間の期間限定で無料にする。12日に千歳相互観光が市内の幼稚園や保...

JR北路線見直しへの国支援、鉄道・運輸機構の活用で 高橋知事
2017年12月13日 日本経済新聞

 JR北海道の路線見直し問題を巡り、北海道の高橋はるみ知事は12日の道議会予算特別委員会で、国による支援について、鉄道建設・運輸施設整備支援機構が持つ財源を活用した支援策を国に求める考えを示した。...

知事がJR支援表明 三セク枠組み応用 国に協議要請へ /北海道
2017年12月13日 日本経済新聞

 JR北海道の維持困難線区(区間)への対応をめぐり、高橋はるみ知事は12日の道議会予算特別委員会で、利便性向上のための設備投資や修繕、運行の安全性確保を目的にJRを支援する考えを表明した。道も出資し...

中央バス大幅減便の責任を糾す!市議会一般質問
2017年12月13日 小樽ジャーナル

 小樽市議会(鈴木喜明議長)は、12月13日(水)13:00から本会議を開催し、各会派による一般質問が行われた。  北海道中央バスに関する質問が多くの議員から行われた。  自民党・中村吉宏議員は、中央...

JR北支援で知事、鉄道・運輸機構の活用提案へ
2017年12月12日 日本経済新聞

 JR北海道の路線見直し問題を巡り、北海道の高橋はるみ知事は12日の道議会予算特別委員会で、国による支援について、鉄道建設・運輸施設整備支援機構が持つ財源を活用した支援策を国に求める考えを示した。...

JR 新たな支援枠組み求める
2017年12月12日 NHK

JR北海道の赤字路線の見直しについて、高橋知事は12日の道議会で「地域鉄道の確保に向けて各種の支援制度があるが、既存の制度では十分でない」と述べ今後、関係する市町村などと協議して新たな支援の枠組みを国...

大雪で函館空港33便欠航
2017年12月12日 NHK

函館空港は大雪に伴う除雪作業のため12日午前10時から、およそ7時間にわたって滑走路が閉鎖されました。 函館空港事務所によりますと除雪作業が終了したため、午後5時前に滑走路の閉鎖は解除されました。 午...

国の「後出し」
2017年12月12日 北海道新聞

 JR北海道再生推進会議の有志が、維持困難路線の見直し問題を巡り、道とJRに路線存廃を含む将来像を1年以内に示すよう求める声明を出した。  推進会議は相次ぐ事故や不祥事を受け、国土交通省の命令で設置さ...

函館馬鉄120年、輝く歴史 市電の前身 湯の川繁栄へ商人奔走 子孫ら歩み回顧 「後世に」
2017年12月12日 北海道新聞

 【函館】今から120年前の1897年(明治30年)12月12日は、函館市電の前身となる函館馬車鉄道(馬鉄)が開業した日だ。ガソリン自動車が欧州で発明されたばかりのころで、国内では人力車が主力の時代。...

ATS誤作動、列車3本運休 JR札幌駅
2017年12月12日 北海道新聞

 12日午前5時50分ごろ、札幌市北区のJR札幌駅構内に停車中の回送列車(6両編成)で、自動列車停止装置(ATS)が誤作動する不具合が発生した。この列車で運行予定だった学園都市線の普通列車3本が運休し...

JR赤字路線 道が枠組み提案へ
2017年12月12日 NHK

道はJR北海道が発表した単独では維持が困難だとする赤字路線について、老朽化した車両の設備投資などの費用をJRの負担分を除いて国が2分の1、道と市町村がそれぞれ4分の1ずつ負担する新たな枠組みを国に提案...

好調な室蘭夜景見学バス 改善点踏まえ6年目展望
2017年12月12日 北海道建設新聞

 室蘭市、室蘭観光協会、室蘭商工会議所などで構成する室蘭観光推進連絡会議と道南バスが運行する室蘭夜景見学バスが、10月に2017年度の営業を終えた。毎週土曜日とゴールデンウイーク期間中のほか、7、9、...

道内高速道開通61% 道外85% 国は首都圏、名古屋圏に力
2017年12月12日 北海道新聞

 国土交通省北海道局は11日、道内で建設計画がある高速道路(高規格幹線道路)1825キロのうち開通した区間の割合を示す進捗(しんちょく)率は現在61%で、工事が順調に進んだとしても2019年度末時点で...

ほっかいどう企業ファイル 4 ロジネットジャパン 多彩な輸送法で差別化
2017年12月12日 北海道新聞

 2005年、北海道と関東で総合物流事業を展開する札幌通運(札幌)と、関東を中心に鉄道コンテナ輸送を行う中央通運(東京)の経営統合に伴い発足した持ち株会社。12年に関西地盤の運送業青山本店(現ロジネッ...

石北線特急の車内販売、16日から
2017年12月12日 朝日新聞

北見・オニオンスープ、網走・帆立貝柱など  JR北海道が「単独で維持困難」としている石北線の特急列車の車内販売の内容が決まった。  オホーツク圏活性化期成会(会長・辻直孝北見市長)石北線部会とJR北に...

高速道整備、見えぬ道筋 強まる採算性重視 広域医療に支障 災害に備え拡充急務
2017年12月12日 北海道新聞

 高速道路(高規格幹線道路)建設を巡り国が採算性重視の姿勢を強める中、道内の整備が、道外に比べさらに遅れる可能性も出てきた。道内で計画されている高速道路1825キロのうち開通したのは1119キロにすぎ...

普通列車がシカと衝突 蘭島―塩谷間
2017年12月12日 北海道新聞

 【小樽】11日午後7時40分ごろ、小樽市のJR函館線蘭島―塩谷間で、長万部発小樽行き普通列車(2両編成、乗客50人)がシカと衝突した。乗員乗客にけがはなかった。JR北海道によると、車両に異常はなく、...

信号不具合 特急に遅れ オホーツク4号が足止め
2017年12月12日 北海道新聞

 【当麻、愛別】11日午後8時45分ごろ、JR石北線伊香牛(いかうし)=上川管内当麻町=―愛別(同管内愛別町)間で、信号装置に不具合が発生した。この影響で網走発札幌行き特急オホーツク4号が手前の上川駅...

GLAYライブ記念し1日乗車券発売 31日までの期間限定【函館】
2017年12月12日 函館新聞

 函館市企業局交通部と函館バスは11日、函館出身のロックバンドGLAYが23、24の両日に函館アリーナでライブを開催するのを記念した1日乗車券を発売した。31日までの期間限定販売。  市電のみと市電、...

北海道新幹線、青函トンネル内で160キロ試験走行実施へ【函館】
2017年12月12日 函館新聞

 国とJR北海道が来年度にも、北海道新幹線で青函トンネル内の最高速度を時速140キロから160キロに引き上げるための試験走行を検討していることが11日、関係者への取材で分かった。安全性が確認されれば、...

北海道新幹線 19年春、4時間切りへ 来年度試験走行 トンネル速度アップ
2017年12月12日 毎日新聞

 国とJR北海道が、北海道新幹線の青函トンネル内の最高速度を引き上げる試験走行を来年度にも実施する方向で検討していることが、関係者への取材で分かった。安全性が確認できれば、最速で4時間2分かかっている...

訪日客を呼び込め!東北・函館のローカル鉄道13社がタッグ、乗り放題パス発売へ まずは台湾向け
2017年12月12日 河北新報

 東北と北海道函館市に路線を持つ鉄道事業者13社が来年1月、訪日外国人旅行者(インバウンド)を対象にした共通の乗り放題乗車券「東北・函館ローカル鉄道共同パス」を発売する。増加するインバウンドをローカル...

緑跨線橋通行止めから1週間 周辺地域、客足減少に悲鳴も
2017年12月12日 苫小牧民報

 苫小牧中心部の鉄南と鉄北エリアをつなぐ国道276号緑跨(こ)線橋が架け替え工事で4日に全面通行止めになってから、1週間が過ぎた。幹線道路の交通規制で車や人の流れが大きく変わり、客足の落ち込みに悲鳴を...

「3時間台」試験走行へ 北海道新幹線、来年度にも
2017年12月11日 産経新聞

 国とJR北海道が、北海道新幹線で青函トンネル内の最高速度を引き上げる試験走行を、来年度にも実施する方向で検討していることが11日、関係者への取材で分かった。安全性が確認できれば、現在は最速で4時間2...

ピーチ、関空―釧路線新設 道内路線も参入検討
2017年12月11日 日本経済新聞

 格安航空会社(LCC)、ピーチ・アビエーションは北海道路線を強化する。2018年夏に関西国際空港と釧路を結ぶ新路線を就航するほか、道内路線への参入も検討する。同社は18年度中に新千歳空港を国内4...

積雪期のバス運行検証 開発局が自動運転実験開始
2017年12月11日 北海道建設新聞

 北海道開発局は11日、大樹町内でバスを使った自動運転サービスの実証実験を開始した。積雪期での実証実験は道内初となる。17日まで運転手が監視しながら自動で加速や操舵(そうだ)を制御するレベル2の実験を...

年末年始前に輸送機関の安全点検
2017年12月11日 NHK

年末年始を前に、多くの人が利用する輸送機関の安全点検が道内で一斉に始まりました。 このうち、釧路市のバス会社の営業所には北海道運輸局の職員4人が訪れ社員から話を聞いたり書類を見たりして、出勤の際に運転...

繁忙の年末年始控え 交通施設の安全点検 地下鉄ホーム入念に 北海道
2017年12月11日 UHB

 年末年始の輸送繁忙期に向け、北海道運輸局は12月11日から、事故防止のための安全総点検を開始しました。  北海道運輸局による安全総点検は、物の輸送や人の行き来が多くなる年末年始に合わせ、安全意識の向...

新幹線“4時間切り”試験走行へ
2017年12月11日 NHK

国とJR北海道は、北海道新幹線の青函トンネル内の最高速度を引き上げる試験走行を来年度に行う方針を固めました。 安全が最終的に確認されれば、東京と新函館北斗の間は再来年の春にも新幹線を選ぶ目安とされる4...

維持困難13区間、ホームページに詳細情報 JR北海道
2017年12月11日 北海道新聞

 JR北海道は8日、「単独では維持困難」とする10路線13区間について、駅別の乗車人数や、定期券発売枚数など詳しいデータを初めてJRのホームページ(HP)で公開した。有識者でつくるJR再生推進会議が、...

花咲線特別委が報告書素案 路線維持へ上下分離も
2017年12月11日 北海道新聞

 【根室】根室管内の首長と議会議長でつくる根室本線花咲線対策特別委員会(委員長・長谷川俊輔根室市長)が7日に市総合文化会館で開いた第3回委員会では、花咲線の存続に向けて同委員会が検討してきた「検討分析...

幌延の秘境駅巡り 今年は71人 道外、韓国からも
2017年12月11日 北海道新聞

 【幌延】人里離れ、訪れるのが難しいJR宗谷線の「秘境駅」を巡る町ウオーキングラリー(4~10月)の実施結果がまとまった。2回目の今年は地元の幌延をはじめ、札幌や東京、千葉、海外から延べ71人が参加。...

自動運転 雪道でも 実証実験開始【大樹】
2017年12月11日 十勝毎日新聞

 国土交通省による自動運転サービスの実証実験が10日、町内で始まった。バス型の車両に関係者が試乗し、運転手がハンドルを操作しなくても、雪道をそれずに進む走りを体感した。  高齢化が進む地域住民の移動や...

大樹町 自動運転バスの実証実験
2017年12月10日 NHK

国土交通省は、高齢化が進む地域で住民の移動手段を確保しようと、道内では初めて十勝の大樹町で自動運転のバスの実証実験を開始し、6日間の実験期間中、冬の路面状況を安全に走行できるかなどを検証します。 国土...

検査期限過ぎた車両運行 JR根室線池田―釧路間
2017年12月10日 北海道新聞

 【釧路】JR北海道釧路支社は9日、根室線池田―釧路間で、定期検査期限が過ぎた車両を運行したと発表した。  同日午後の新得発釧路行き普通列車(3両編成)のうちの1両を、期限を過ぎて約2時間40分運行し...

新幹線札幌駅ホーム、地下案暗礁に 建設費圧縮策見えず
2017年12月10日 北海道新聞

 北海道新幹線札幌駅のホーム位置問題で、有力案とされた駅地下にホームを造る「地下案」の検討作業が暗礁に乗り上げている。建設主体の鉄道建設・運輸施設整備支援機構とJR北海道の間で、高額な建設費の圧縮策が...

線路ポイントから出火 清水
2017年12月10日 北海道新聞

 【清水】9日午後4時55分ごろ、十勝管内清水町羽帯のJR根室線平野川信号所構内で、線路のポイント付近から火が出ているのを、池田発新得行きの普通列車(2両編成)の運転士が発見し停車。運転士が消火し、2...

道南バス、車内放送にアイヌ語 あいさつ、行き先など 来春から
2017年12月10日 北海道新聞

 【平取】アイヌ語を身近に感じてもらおうと、内閣官房アイヌ総合政策室北海道分室と平取町、道南バス(室蘭)が来春から、路線バスの車内でアイヌ語の案内放送を流すことを検討している。あいさつや行き先などをア...

インフラ整備、観光振興に全力 佐藤(英)氏の「語る会」で太田議長
2017年12月10日 公明新聞

公明党の太田昭宏全国議員団会議議長は9日、札幌市内で開かれた佐藤英道衆院議員の「語る会」に出席し、あいさつした。 太田議長は、先の衆院選で公明党が道内2議席を確保できたことについて、絶大な支援に感謝...

“新幹線長万部に”記念講演会
2017年12月09日 NHK

北海道新幹線の新たな駅ができる道南の長万部町で、まちづくりグループが8日、講演会を開き、函館商工会議所の担当者が新駅が出来たあとのまちづくりについて、「自分たちがなすべきことを身の丈で実践することが大...

JRツインクルプラザ来年3月閉店 苫小牧、東室蘭
2017年12月09日 北海道新聞

 JR北海道は8日、駅構内でJR乗車券や航空券、旅行商品などを販売する「ツインクルプラザ」(JR旅行センター)の苫小牧支店と東室蘭支店を来年3月17日で閉店すると発表した。  JRによると、航空券や旅...

ワンマン列車で整理券誤発行 室蘭線・料金過収受
2017年12月09日 毎日新聞

 JR北海道は、室蘭線の普通列車2本で少なくとも乗客9人から多く料金を受け取ったと発表した。ワンマン列車で、実際に乗った駅とは違う駅名が印刷された整理券を発行したのが原因。今後乗客が申告すれば確認し...

車輪に基準超の傷 JR計7本運休
2017年12月09日 北海道新聞

 【旭川】8日午後、旭川市永山1の9のJR旭川運転所構内で、点検中の快速列車(1両編成)と特急列車(4両編成)の車輪にそれぞれ基準値を超える傷が見つかった。修理のため、8日、宗谷線の午後8時6分旭川発...

道、花咲線上下分離「難しい」
2017年12月09日 北海道新聞

 JR花咲線(釧路―根室、135キロ)の沿線首長らが路線維持策の一つとして「上下分離方式」を調査・研究していくと表明したことについて、道は8日の道議会予算特別委員会で「財政状況が厳しい道や市町村が、鉄...

石北線維持へ結束 官民で利用促進協
2017年12月09日 北海道新聞

 【遠軽】JR北海道が「単独では維持困難」とする石北線(新旭川―網走)の利用客を増やそうと、オホーツク管内遠軽町は8日、「遠軽町石北本線利用促進協議会」を設立した。列車を利用した町民向けツアーや車内販...

20世紀遺産に青函トンネル イコモス国内委が20選
2017年12月09日 北海道新聞

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産の諮問機関、国際記念物遺跡会議(イコモス)の国内委員会は8日、「日本の20世紀遺産20選」を発表した。世界最長の海底トンネルとなる青函トンネルなどが選ば...

札幌市交通局の業務用カード、職員223人当日返却せず 昨年4~12月
2017年12月09日 北海道新聞

 札幌市交通局職員24人が業務用ICカード乗車券「職務乗車証」を不正使用していた問題に関連し、不正の有無が不明な昨年4~12月の期間でも、約600人いる職員のうち223人が乗車証を複数日にわたり職場...

釧路公立大学でJR路線見直し研究会
2017年12月09日 釧路新聞

 JR北海道の路線見直し問題を考えるため8日、釧路公立大学地域分析研究委員会(委員長・宮下弘美教授)主催の研究会が同大で開かれた。北海道教育大学名誉教授の宮田和保氏(経済理論)が「鉄路の再生と地域...

ツインクルプラザ苫支店など3月閉鎖 ネット化進み、店舗扱い低迷-JR北
2017年12月09日 苫小牧民報

 JR北海道は8日、主要駅構内で営業している、旅行商品などを販売するJR旅行センター「ツインクルプラザ」9店舗のうち、苫小牧支店と東室蘭支店の2店舗を、来年3月17日付で閉鎖すると発表した。インターネ...

青函トンネル イコモス国内委が20選発表 /北海道
2017年12月09日 毎日新聞

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関・国際記念物遺跡会議(イコモス)の国内委員会が8日、後世に残したい文化遺産として発表した「日本の20世紀遺産20選」の中に、北海道と本州を結ぶ「青函トンネ...

今冬ドカ雪もう3度目 音威子府 積雪一時140センチ超す
2017年12月08日 北海道新聞

 【音威子府】日本海から筋状の雪雲が入り続けた影響で、村内は6日から7日にかけて大雪に見舞われた。7日午前6時までの24時間降雪量は全道でも断トツの65センチに達し、積雪量は一時、140センチを超えた...

JR脱線、運転士気付かず 銭函 雪に乗り上げの可能性も
2017年12月08日 北海道新聞

 【小樽】小樽市銭函のJR函館線銭函駅構内の踏切で6日に回送列車が一時脱線した事故で、JR北海道は7日、運転士が直後に脱線に気付いていなかったことを明らかにした。脱線の原因については、列車が雪や氷に乗...

花咲線、上下分離研究へ 根室管内5市町 路線維持へ考え方転換
2017年12月08日 北海道新聞

 【根室】JR北海道が「単独では維持困難」と位置付ける花咲線(釧路―根室、135キロ)について、根室管内5市町の首長と議長でつくる根室地方総合開発期成会根室本線花咲線対策特別委員会(委員長・長谷川俊輔...

道外青果物、鉄道輸送に転換 ラルズなどに経産省表彰 物流コスト、CO2排出削減
2017年12月08日 北海道新聞

 食品スーパー道内大手アークス(札幌)傘下のラルズ(同)やJR貨物(東京)など4社が7日、物流効率化に取り組む企業を表彰する経済産業省の「グリーン物流優良事業者表彰」を受賞することが決まった。仕入れ側...

釧路-東京間に新型大型船きょうから投入
2017年12月08日 釧路新聞

 日本通運は釧路-東京定期航路に新型の大型船「ひまわり8」(1万620㌧)を8日から投入する。この背景には荷主側の変化がある。特に昨年の台風災害によって輸送の大動脈であるJR根室線、石北線と国道27...

検討・分析の素案示す/花咲線存続
2017年12月08日 釧路新聞

 根室地方総合開発期成会根室本線花咲線対策特別委員会(委員長・長谷川俊輔市長)は7日、第3回会合を開き、JR花咲線を維持・存続させるための3本の柱からなる「検討・分析報告書」の素案を示した。年内を...

JR北再生推進会議の声明要旨 「持続可能な交通」求め苦言 時間の浪費は許されず /北海道
2017年12月08日 毎日新聞

 JR北海道の第三者委員会「JR北海道再生推進会議」は、委員7人のうち宮原耕治議長ら6人が有志として出した声明で、道のリーダーシップの下、地域に適した持続可能な交通のあり方を1年以内に示すよう求めた。...

列車 "脱線"で走行 運輸安全委が現地調査 JR北海道 原因は「線路上の氷か雪に乗り上げた」か
2017年12月07日 UHB

 JR北海道の函館線で回送列車が12月6日朝、脱線していた事を受け12月7日、JR北海道が会見し、脱線は線路にあった氷か雪に乗り上げたことによるとの考えを示しました。  詳細については国の運輸安全委員...

銭函駅 脱線事故 事故調査はじまる
2017年12月07日 HTBニュース

 JR函館線できのう列車が脱線し国交省の鉄道事故調査官が現地に入りました。JR北海道は先ほど会見を開き謝罪しました。  JR北海道・田畑正信常務は「お客様に大変ご迷惑をおかけしたということについてこの...

JR回送列車脱線で現地調査
2017年12月07日 NHK

6日、JR函館線の銭函駅で回送列車が脱線した事故で、7日、国の運輸安全委員会が現地調査に入りました。 踏切には脱線の跡が確認され、雪などに乗り上げて脱線した可能性もあるとみて調べています。 6日午前5...

花咲線の存続の方法は 講演会
2017年12月07日 NHK

JR北海道が「単独では維持が困難」とする花咲線について、存続の方法を考えてもらおうと、住民を対象とした初めての講演会が根室市で開かれました。 この講演会は、根室地方の自治体などでつくる委員会が開き、住...

銭函脱線 安全委が調査官2人派遣
2017年12月07日 北海道新聞

 【小樽】小樽市銭函のJR函館線銭函駅構内で6日に回送列車の一部の車輪が脱線したことを受け、国土交通省運輸安全委員会は7日午前、鉄道事故として、調査官2人を道内に派遣した。同日午後から現場やJR北海道...

JR函館線 緊急停車の車両 脱線していた
2017年12月07日 HTBニュース

 6日JR函館線で緊急停止した列車が、その後の調べで脱線していたことがわかりました。7日午後にも国交省の鉄道事故調査官が現地に入ります。  中見宏記者レポート「列車はこちらの踏切で脱線しましたが、およ...

16日から石北線の特急車内販売 地元の珍味や菓子50品 弁当、飲料は見送り
2017年12月07日 北海道新聞

 JR北海道が単独維持困難としている石北線(新旭川―網走)の特急で、沿線の観光関係者が今冬行う車内販売の内容が決まった。期間は今月16日から来年2月4日までの、年末年始などを除く土日で計12日間。販売...

雪に乗り上げ回送列車脱線か
2017年12月07日 NHK

6日、JR函館線で回送列車が動けなくなり、「快速エアポート」など83本が運休したトラブルで、線路を詳しく点検した結果、回送列車が脱線した状態でおよそ70メートル走行していたことが分かりました。 JR北...

列車は"脱線"していた 踏切の雪に乗り上げたか 6日朝トラブル 83本運休 JR北海道
2017年12月07日 UHB

 12月6日朝、JR北海道函館線で回送列車が動かなくなり、「快速エアポート」など83本が運休したトラブルで、この列車が一時、脱線していたことが分かりました。  このトラブルは6日朝、JR函館線の小樽市...

岐路の鉄路:第三者委「1年以内に結論を」
2017年12月07日 朝日新聞

 ◆JR北の第三者委員会有志声明、道の指導力発揮要求  JR北海道の路線見直し問題で、JR北の第三者委員会「JR北海道再生推進会議」の有志は6日、「1年以内」に結論を出すよう求める声明を出し、JR北や...

函館市電停留所 バリアフリー
2017年12月07日 NHK

函館市中心部を走る路面電車で、ロードヒーティング付きのスロープなどを設置したバリアフリーの停留所の利用が始まりました。 函館市電は、大正時代から100年以上にわたって市民に親しまれていて、市は、中心市...

銭函で停止の回送列車に脱線の痕跡 83本運休
2017年12月07日 北海道新聞

 【小樽】JR北海道は6日、小樽市銭函のJR函館線銭函駅構内で同日午前に停止した回送列車について、駅構内の銭函西部踏切で一部の車輪が脱線し、68メートル先で線路に戻った痕跡を確認したと発表した。同社は...

路線存廃判断「1年以内に」 JR再生会議、進展促す
2017年12月07日 北海道新聞

 JR北海道の路線見直し問題を巡り、JRの安全対策を助言する第三者委員会「JR北海道再生推進会議」議長の宮原耕治・日本郵船相談役らは6日、道とJRに対し、対象路線の存廃や代替交通の全体像をまとめた「設...

「数値基準外 気付く」JR公判 同業他社が証言 レール検査データ改ざん事件
2017年12月07日 北海道新聞

 2013年のJR函館線貨物列車脱線事故を巡るレール検査データ改ざん事件で、鉄道事業法違反(虚偽報告)などの罪に問われたJR北海道(島田修社長)と当時の本社幹部3人の第5回公判が6日、札幌簡裁(結城真...

「1年以内」に沿線困惑 集中議論期待も JR再生声明
2017年12月07日 北海道新聞

 「早急に一歩を踏み出すことが求められている」「時間の浪費は、もはや許されない」。JR北海道再生推進会議有志が6日に出した声明には、JRが「単独では維持が困難」とする路線の存廃について、速やかに協議入...

路線見直し停滞に危機感 JR再生会議が声明文「もう見ちゃいられない」
2017年12月07日 北海道新聞

 JRの第三者委員会「JR北海道再生推進会議」議長の宮原耕治・日本郵船相談役らが6日に道とJRなどに提出した声明文は、路線見直し議論が一向に進まない現状への強い危惧を凝縮した内容となった。提出後の記者...

新千歳滑走路閉鎖、駐車場の混雑時 開発局とネクスコ、道路情報板で発信
2017年12月07日 苫小牧民報

 北海道開発局と東日本高速道路(ネクスコ東日本)は今冬から、道路情報板を活用する新千歳空港混雑時の情報提供を始めた。2016年12月の大雪時に空港周辺の道路が混雑した経験を踏まえ、国土交通省航空局やタ...

道横断道 尾幌-糸魚沢間、地域から意見聴取
2017年12月07日 釧路新聞

 釧路開発建設部は、事業化が検討されている北海道横断自動車道の尾幌-糸魚沢間(厚岸町内、28㌔)の計画について地域の意見を聴取するため6日からアンケート・ヒアリング調査を開始した。厚岸、浜中町と根...

再生推進会議・宮原議長 一問一答 /北海道
2017年12月07日 毎日新聞

 記者会見での宮原耕治議長の主な発言は次の通り。  --対応の期限を1年とした根拠は。  ◆最初の提言から既に2年半たった。その間JR北の経営はよくなっているかといったら真逆。あと1年が限度ではないか...

JR北再生推進会議が声明 道に「指導力発揮を」 1年以内の結論求める /北海道
2017年12月07日 毎日新聞

 安全対策監視のため国土交通省の指示で設置されたJR北海道の第三者委員会「JR北海道再生推進会議」の委員7人のうち宮原耕治議長ら6人が6日、有志として道民と高橋はるみ知事、道内市町村、国、JRに向けた...

路線見直しの議論、加速求め「声明」…第三者委
2017年12月07日 読売新聞

「交通設計図 1年以内に」  JR北海道の路線見直しを巡り、JR北の第三者委員会「JR北海道再生推進会議」の有志は6日、同社や国、道、市町村に対し、見直し議論の加速を求める「声明」をまとめた。現状につ...

JR路線見直し、1年内に方向性を 第三者委有志
2017年12月06日 日本経済新聞

 JR北海道の路線見直し問題を巡り、JR北の第三者委員会である「JR北海道再生推進会議」の有志は6日、JR北や国土交通省、道などに対する声明を発表した。声明は議論が停滞している状況を踏まえ、1年以...

私鉄保線担当者“ゆがみ衝撃的”
2017年12月06日 NHK

4年前に発覚したJR北海道でのレールの検査データの改ざん事件で、うその記録を国に報告したとして社員ら3人が鉄道事業法違反などの罪に問われている裁判で、私鉄でレールの保線を担当する社員が証人として出廷し...

車輪にも傷 氷の塊と接触も
2017年12月06日 NHK

6日朝、JR函館線で回送列車が動けなくなり、「快速エアポート」など83本が運休したトラブルで、車両の下の部分にある部品や駅構内のポイントが損傷しているに加え、新たに車輪にも傷が見つかり、JR北海道は氷...

JRの路線存廃問題で第三者委が行政に申し入れ
2017年12月06日 HTBニュース

 JR北海道が単独では維持困難な路線を発表してから1年が経ちましたが、第三者委員会が6日、進展がないとして行政に申し入れをしました。  JR北海道の再生をすすめる第三者委員会は、道や国交省などに対...

JR第三者委 道などへ要望声明
2017年12月06日 NHK

進展が見られないJRの路線見直しをめぐって、国の命令で設置されたJRの第三者委員会は6日に道などへの要望を盛り込んだ声明を出し、今後1年以内に路線の存続と廃止を決めるよう求めました。 期限が示されたこ...

ピーチ、18年夏に関空―釧路便計画 釧路市長
2017年12月06日 日本経済新聞

 北海道釧路市の蝦名大也市長は5日の記者会見で、2018年夏に格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションが関西国際空港―釧路空港の定期便を開設する計画であることを明らかにした。そのうえで「定着...

バス停近くのセイコーマートを待合所に 6日から札幌で実験
2017年12月06日 北海道新聞

 北海道運輸局は6日から、バスの停留所に近い商業施設などを乗客の待合所として使うための実証実験を、札幌市内で初めて行う。  路線バス運営のじょうてつ(札幌)と、コンビニ道内最大手のセコマ(同)が協力し...

精神障害者の運賃割引へ 札幌市 地下鉄、市電で先行
2017年12月06日 北海道新聞

 札幌市は5日、他の障害者と比べ負担が重い、精神障害者の公共交通運賃について、市営地下鉄と路面電車(市電)で割引を導入する方針を固めた。身体、知的障害者と同じ半額を想定している。バスの割引は事業者の経...

SL冬の湿原号 特産品で沿線自治体PR 2月に無料配布
2017年12月06日 北海道新聞

 JR北海道は来年1月から2月に釧網線釧路―標茶間で運行する観光列車「SL冬の湿原号」の一部列車に、沿線の自治体関係者が乗り込んでもらい、サブレやあめといった特産品などを初めて無料配布する。石北線でも...

いさ鉄など13社、台湾客向け周遊切符 1週間乗り放題に
2017年12月06日 北海道新聞

 【函館】道南いさりび鉄道(いさ鉄、函館市)をはじめ、東北、北関東の第三セクター鉄道や私鉄など13社は、台湾人観光客向けの共通周遊切符を来年1月1日から販売する方針を固めた。年内に国土交通省に申請する...

釧網線快速「しれとこ」 来春から「しれとこ摩周号」に
2017年12月06日 北海道新聞

 JR北海道は、釧網線釧路―網走間を1日上下1本ずつ運行している快速列車「しれとこ」の名称を、来春のダイヤ改正に合わせて「しれとこ摩周号」に変更する。8月に「阿寒国立公園」が「阿寒摩周国立公園」に名称...

砂川―滝川間で回路不具合 2本運休
2017年12月06日 北海道新聞

 5日午後1時50分ごろ、JR函館線砂川―滝川間で、レールに微弱電流を流して列車の位置を確認する軌道回路に不具合が起き、同区間に列車が進入できなくなった。普通列車2本が運休、特急2本に最大45分の遅れ...

公共交通の将来は 17日に道主催フォーラム
2017年12月06日 北海道新聞

 JR北海道の路線見直し問題について道民世論を喚起しようと、道は17日、持続可能な公共交通のあり方を考えるフォーラムを、札幌市中央区南2西11の札幌プリンスホテル国際館パミールで初めて開く。  道市長...

道内各地で雪 JR2本運休、新千歳など30便欠航
2017年12月06日 北海道新聞

 道内は5日、上空を通過した低気圧の影響で、全道的にまとまった雪が降った。午後11時までの24時間降雪量は、根室管内中標津町の中標津空港で37センチ、十勝管内上士幌町ぬかびら源泉郷で34センチなど。札...

「稼ぐ北海道観光」 6分野で新目標
2017年12月06日 日本経済新聞

 北海道は道内の観光産業を加速させるため、2018年度から実施する観光計画で新たな目標を掲げる。「稼ぐ観光」を主眼として、長期間宿泊した人の割合や観光関連の総消費額など6つの分野で指標を新設する。...

鉄道風景写真90点!美術館で巡回展
2017年12月06日 小樽ジャーナル

 北海道新幹線開業を記念した大鉄道写真展が、12月6日(水)から10日(日)の10:00から17:00まで、市立小樽美術館(色内1)1階多目的ギャラリーで開かれている。  入賞・入選作品90点を展示。...

JR再生推進会議の有志「1年以内に具体的方向性を」
2017年12月06日 STV

JRの路線見直し問題をめぐり、JRの第三者委員会の有志が、安全で持続可能な地域交通を再構築するために、国やJR、道などに対し、1年以内に具体的な方向性を示すよう求めました。 (JR北海道再生推進会議・...

首都圏大学生が空港活用した観光提言/中標津
2017年12月06日 釧路新聞

 根室管内の課題や魅力について道内外の大学生が現地で研究し、地域おこしに参画する「インカレねむろ・大学等研究モデル事業」の一環で、根室中標津空港を活用した地域活性化の可能性を探るフォーラムが5日、...

トラックからの切り替え加速 鉄道貨物輸送
2017年12月06日 物流ウィークリー

 少子高齢化に伴うトラックドライバー不足で近年、長距離輸送における鉄道貨物の活用が注目されている。なかなか進まないといわれてきたモーダルシフトだが、今年に入って鉄道貨物が24年ぶりに黒字化するなど、...

ピーチ、来夏に釧路―関空就航
2017年12月06日 読売新聞

 関西空港を拠点にしている格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションによる釧路空港―関西空港便が来年夏に就航することが5日、分かった。5日、定例記者会見した釧路市の蝦名大也市長が明らかにした。今月...

航空管制トラブル 電源装置交換
2017年12月05日 NHK

先月に航空管制の通信ができなくなって新千歳空港などの航空機の運航が一時ストップしたトラブルについて、国土交通省は通信機器に電力を供給する装置に不具合があったとみて、装置を交換・増設する対策を取ったうえ...

道新幹線、内浦トンネル(幌内)他は109億円で佐藤らJVに
2017年12月05日 北海道建設新聞

北海道新幹線、内浦トンネル(幌内)他(11月28日開札) 落札者:佐藤工業・みらい建設工業・草別組・田端本堂カンパニーJV 109億円 発注者:鉄道運輸機構道新幹線建設局 工事概要:道新幹線新青森起点...

速度計不具合、特急運休
2017年12月05日 北海道新聞

 4日午後7時45分ごろ、札幌市のJR函館線札幌―苗穂間で、札幌発釧路行き特急スーパーおおぞら11号(7両編成)の速度計が走行中にもかかわらず時速0キロと表示される不具合が起きた。一時停車して点検した...

路線見直しの将来像、1年以内に JR再生会議が知事らに要請へ
2017年12月05日 北海道新聞

 JR北海道の「単独では維持困難」な10路線13区間の見直し問題を巡り、JRの安全対策を助言する第三者委員会「JR北海道再生推進会議」(議長・宮原耕治日本郵船相談役)が6日に高橋はるみ知事らに提出する...

納内駅でオーバーラン 深川
2017年12月05日 北海道新聞

 【深川】4日午後6時20分ごろ、深川市納内(おさむない)町3のJR函館線納内駅で岩見沢発旭川行き普通列車(3両編成)が停止位置を約190メートル行き過ぎて停車した。乗客65人にけがはなかった。  J...

JR特別委設置 14日可決見通し 道議会、全会派が合意
2017年12月05日 北海道新聞

 道議会全5会派は4日、JR北海道の路線見直し問題を話し合う「北海道地方路線問題調査特別委員会」設置の決議案を、今定例道議会に共同提出することで合意した。14日の本会議で、全会一致で可決される見通し。...

石北線存続意義、物流など4項目 沿線自治体が提示
2017年12月05日 北海道新聞

 【北見】オホーツク圏活性化期成会(会長・辻直孝北見市長)と上川地方総合開発期成会(会長・西川将人旭川市長)は4日、石北線(新旭川―網走)の維持に向けた合同会議を北見市内で開き、石北線の存続意義につい...

来れバス運転手、魅力PR 道内10社、9日に説明会
2017年12月05日 北海道新聞

 深刻な人手不足が続くバス運転手を確保しようと、北海道バス協会は9日、道央のバス会社10社による初の合同採用説明会を札幌市で開く。各社の特色や雰囲気を比較してもらい、バス業界に関心を持ってもらう試みだ...

北海道)新千歳空港の運航案内モニター設置 JR札幌駅
2017年12月05日 朝日新聞

 JR札幌駅に新千歳空港の出発便の運航状況を伝えるモニターが設置された。空港に向かう利用客に最新の遅延、欠航情報をいち早く確認してもらう狙いだ。  新千歳空港ターミナルビルディングが同駅西コンコースの...

北海道知事定例記者会見
2017年12月05日 北海道庁

「道民みんなで創る!公共交通ネットワーク」フォーラムについて  二つ目は、「道民みんなで創る!公共交通ネットワーク」フォーラムについてであります。  以前から議会答弁等でも申し上げておりましたが、道主...

沿線3市町、広報誌で室蘭線PR 20日、岩見沢でセミナー /北海道
2017年12月05日 毎日新聞

 JR北海道が単独では路線維持が困難としている沼ノ端-岩見沢間の室蘭線について、空知地方の岩見沢市と栗山町、由仁町の沿線3市町が12月の広報誌で一斉に特集を組んだ。20日には岩見沢市でセミナーを開く予...

石北線車内で特産品販売へ 合同会議で報告 /北海道
2017年12月05日 毎日新聞

 JR北海道による路線運営見直し方針を受け石北線について協議しているオホーツク圏活性化期成会の石北線部会と上川総合開発期成会の合同会議が4日、北見市のホテルであり、今月中旬から特産品の車内販売をするこ...

北メール 鉄道貨物に光を=持田誠さん(北海道大学総合博物館研究員) /北海道
2017年12月05日 毎日新聞

 早朝、釧路から十勝方面へ向かう国道で、タンクローリーの長い車列に出合うことがある。石油会社の合理化で、十勝など内陸部のオイルターミナルが廃止されたが、港から直接、顧客まで石油を運んでいるのだろう。...

「増毛線」最終運行から1年 観光振興策募る
2017年12月05日 日刊留萌新聞

 増毛駅前商店会(本間桜会頭)主催のマチづくり意見交換会が、4日午前10時から弁天町1丁目の駅前観光案内所で開かれ、参加者が駅を中心としたマチづくりに関するアイデアを出し合った。  JR留萌本線留萌―...

道南バス、車内放送でアイヌ語検討 日高を走る一部区間
2017年12月05日 苫小牧民報

 道南バス(本社室蘭市)は、内閣官房アイヌ総合政策室の要請を受け、来年4月にも日高地方を運行する路線バスの一部区間で、アイヌ語の車内放送を流すことを検討している。アイヌ文化が息づく日高地方を走るバスを...

第三者委有志、JR北路線見直し作業早期化要望へ
2017年12月04日 日本経済新聞

 JR北海道の路線見直し問題を巡り、JR北の第三者委員会である「JR北海道再生推進会議」の有志は4日、JR北や国、道、市町村に対して見直し作業を早期に進めるよう要請すると発表した。昨年11月のJR...

イオン北海道、小樽ベイへの債権をファンドに譲渡
2017年12月04日 日本経済新聞

 イオン北海道は4日、商業施設「ウイングベイ小樽」運営の小樽ベイシティ開発(小樽市)に対する債権をファンドのルネッサンスキャピタル(東京・千代田)に譲渡すると発表した。5日に譲渡し、譲渡額は非公表...

道議会 JR特別委員会設置へ
2017年12月04日 NHK

道議会の各会派は、JR北海道の路線見直し問題について特化して議論する新たな特別委員会を設置することで一致し、いま開かれている定例の道議会に設置に必要な決議案を提出することになりました。 道議会のすべて...

凍結路面 交差点で都市間バスなど3台衝突 1人負傷 北海道旭川市
2017年12月04日 UHB

 12月4日夕方、北海道旭川市の国道交差点で、バスなど3台が絡む事故があり、1人が軽いけがをしました。  4日午後3時50分ごろ、旭川市春光1条7丁目の国道交差点で、右折しようとした軽トラックが直進の...

鉄路廃止反対掲げる 留萌市長選に庄司氏が立候補表明
2017年12月04日 北海道建設新聞

 元NHK記者の庄司清彦氏が4日、留萌市役所市政記者室で、来年2月に予定されている留萌市長選挙への立候補を表明した。社会資本整備については、岩手県紫波町の複合施設オガールを例に「どこに重点的に投資をす...

石北線特急で特産品など販売へ
2017年12月04日 NHK

JR北海道が見直しの対象としている石北線の利用を促進しようと、沿線の自治体が今月中旬から特急列車の車内で特産品などの販売を行うことになりました。 これは、4日、北見市で開かれたJR石北線沿線の合わせて...

路線見直し 積極関与を6日に要請 JR再生会議、道知事に
2017年12月04日 北海道新聞

 JR北海道の安全対策などを助言する第三者委員会「JR北海道再生推進会議」(議長・宮原耕治日本郵船相談役)は4日、JRの赤字路線見直し問題を巡り、宮原議長らが来道し、6日に高橋はるみ知事に対し、この問...

道議会にJR路線特別委 自民会派が提案へ
2017年12月04日 朝日新聞

 道議会の自民党・道民会議は、開会中の定例道議会に、JR北海道の路線見直し問題を話し合う特別委員会設置の決議案を提出する方針を固めた。自民会派は道議会の全99人の過半数の50人を占めており、14日まで...

JR第三者委員会、要望書提出へ
2017年12月04日 NHK

進展が見られないJR北海道の路線見直しを巡り、JRの第三者委員会は、今週にも道やJR、それに市町村の代表に要望書を提出し、道を中心に行政が協議を主導することで路線見直しの方向性を早急に打ち出すよう求め...

JR第三者委員会 要望書提出へ
2017年12月04日 NHK

進展が見られないJR北海道の路線見直しを巡り、JRの第三者委員会は、今週にも道やJR、それに市町村の代表に要望書を提出し、道を中心に行政が協議を主導することで路線見直しの方向性を早急に打ち出すよう求め...

大型船係留岸壁着工祝う 来年度の暫定使用目指す 函館港若松ふ頭
2017年12月04日 北海道新聞

くす玉を割って着工を祝う出席者 くす玉を割って着工を祝う出席者  函館港若松ふ頭で国が進める大型クルーズ船向け係留岸壁整備の着工式典が3日、函館市弁天町の市国際水産・海洋総合研究センターで開かれ、関係...

緑跨線橋、通行止め 架け替え工事の期間は2年
2017年12月04日 苫小牧民報

 室蘭開発建設部は、苫小牧市中心部の国道276号緑跨(こ)線橋の架け替え工事に伴って4日、同跨線橋の全面通行止めを始めた。期間は約2年間の長期にわたり、付近の市道も工事の進捗(しんちょく)に合わせて2...

バスの車内放送にアイヌ語導入へ
2017年12月03日 NHK

アイヌ文化を多くの人が知るきっかけにしようと、来年から、日高地方を発着する都市間バスの路線の一部で車内放送をアイヌ語でも流すことになりました。 内閣官房アイヌ総合政策室などによりますとアイヌ語の放送が...

新千歳空港 早朝・深夜も通関
2017年12月03日 NHK

増加する外国人旅行者などの通関手続きに対応しようと、函館税関は、新千歳空港での業務の時間を12月から早朝、深夜まで拡大しました。 新千歳空港では、函館税関千歳税関支署が出入国手続きをした人たちの荷物検...

ポテトチップスみたいなバス停留所が話題に 清水町役場前
2017年12月03日 北海道新聞

 【清水】十勝管内清水町役場の向かいに、楕円(だえん)をひねったような、ポテトチップスに似た形の屋根のバス停留所がお目見えし、地域の話題になっている。  札幌と帯広を結ぶ高速バス「ポテトライナー」の清...

アップルパイ食べ、車窓の景色楽しむ いさりび鉄道 函大妻高生が販売
2017年12月03日 北海道新聞

 函館大妻高の生徒が2日、道南いさりび鉄道(いさ鉄)の車内で七飯町産リンゴを使った手作りアップルパイを販売した。購入した乗客は津軽海峡など車窓からの景色を楽しみながら、爽やかな酸味のパイを頬張った。 ...

開拓の村、馬車鉄道延伸…人気展示 利便性向上へ
2017年12月03日 読売新聞

 北海道開拓の村(札幌市厚別区)に敷設されている馬車鉄道の軌道が1983年のオープン以来、初めて延伸されることになり、工事が始まった。入場者の利便性を向上させるのが目的。  開拓の村は、明治から昭和...

岩見沢 2日間で降雪"80センチ超" 大雪でJRダイヤ大幅乱れ 北海道
2017年12月02日 UHB

 北海道は、空知地方の局地的な大雪の影響で12月2日、JR函館線や、千歳線などで列車の運休が相次ぎ、2日午後5時現在で64本が運休しました。  岩見沢市では2日間で80センチを超える雪が降るなど、北海...

特急「旭山動物園号」 ラストラン3月24、25日
2017年12月02日 北海道新聞

 JR北海道は1日、本年度限りで引退する特急「旭山動物園号」(5両編成)の最終運行を2018年3月24、25日に札幌―旭川間で行うと発表した。絵本作家あべ弘士さんによる動物のイラストをあしらい、道...

今こそ国鉄
2017年12月02日 北海道新聞

 十勝管内新得町の写真家大崎和男さん(78)は、1957年から93年まで、国鉄・JRの運転士だった。  自宅横に私設の鉄道博物館(新得町2条南6、(電)0156・64・5189)を設けている。在職中か...

新千歳の運航状況、札幌駅で確認 表示モニター設置
2017年12月02日 北海道新聞

 新千歳空港ターミナルビルディング(千歳)は1日、JR札幌駅に、新千歳空港出発便の運航状況を表示するモニターを設置した。空港に向かう人に欠航などの情報をいち早く伝えるのが狙いだ。  モニターは縦1...

2日の道内、空知など大雪続く JR、快速など64本運休
2017年12月02日 北海道新聞

 道内は冬型の気圧配置が続き、2日も空知管内を中心に降雪となった。2日正午までの24時間降雪量は岩見沢市で39センチとなり、JRは快速などが運休。約7千人に影響が出た。  24時間降雪量は石狩管内新篠...

岩見沢で局地的に雪 鉄道運休も
2017年12月02日 NHK

道内は、1日夜から、岩見沢市で局地的に雪が降った影響で、JR函館線、千歳線などで快速と普通列車あわせて45本が運休したり運休を決めたりしました。 道内では、1日夜から空知地方で局地的に雪が強まり、岩...

宗谷線「上下分離」 譲歩求める指摘も 意見交換会で市民
2017年12月02日 北海道新聞

 【稚内】JR北海道が「単独では維持困難」とした宗谷線の維持・存続をテーマに、稚内市は11月30日夜、市民との初の意見交換会を開いた。  約30人が参加。沿線自治体が鉄道施設を保有する「上下分離方式」...

JR北海道プラザ 大阪支店、来月閉店
2017年12月02日 北海道新聞

 JR北海道は道外の一般客向け販売拠点「JR北海道プラザ」大阪支店を来年1月31日に閉店する。インターネット販売が普及し、近年は赤字続きで収支好転の見通しが立たないため。プラザは道外で最大5店あったが...

架線にビニール、部分運休 JR函館線発寒―稲積公園間
2017年12月02日 北海道新聞

 1日午後1時半ごろ、札幌市のJR函館線発寒―稲積公園間で、架線にビニールが絡まっているのを回送列車の運転士が見つけた。ビニールを取り除き、約25分後に運行を再開したが、快速エアポート2本が小樽―札幌...

日高線復旧でフォーラム
2017年12月02日 日高報知新聞

 日高線の未来を考える会主催の「JR日高線復旧等を踏まえた 日高の未来を考えるフォーラム」が11月30日夜、新ひだか町公民館で開かれ、日高の公共交通体系の在り方について意見交換した。  同会は日向寺敏...

沿線住民180人が日高線を考える 新ひだか町で /北海道
2017年12月02日 毎日新聞

 高波被害で不通が続くJR日高線鵡川-様似間(116キロ)の今後のあり方を考える「日高の未来を考えるフォーラム」が11月30日、新ひだか町公民館であった。住民有志でつくる「日高線の未来を考える会」が主...

回送列車のブレーキ不具合で運休 小樽
2017年12月01日 北海道新聞

 【小樽】1日午前6時ごろ、小樽市のJR函館線小樽駅構内で停車中の回送列車(6両編成)にブレーキの不具合が見つかった。JR北海道は点検を行ったが、原因は判明しなかった。この車両を使う予定だった手稲発江...

空知、留萌などで大雪 岩見沢で50センチ
2017年12月01日 北海道新聞

 冬型の気圧配置が強まった道内は30日から1日にかけて空知、留萌管内を中心にドカ雪に見舞われた。岩見沢市で午前9時までの24時間に50センチの雪が降った。  札幌管区気象台によると、午前9時までの24...

JR北、最後の「プラザ」来月閉店
2017年12月01日 朝日新聞

最盛期5店舗 慢性的赤字で大阪支店  JR北海道は30日、道外の旅行者向けに旅行商品を販売している「JR北海道プラザ」の大阪支店を来年1月末に閉店すると発表した。同プラザはかつて東京や仙台などに5店舗...

クマと接触、後続特急が運休 夕張のJR石勝線
2017年12月01日 北海道新聞

 【夕張】30日午後7時20分ごろ、夕張市内のJR石勝線新夕張―滝ノ上間で、釧路発札幌行き特急スーパーおおぞら10号(7両編成、乗客195人)がクマと接触し、緊急停止した。乗客にけがはなく、間も...

税関と入管24時間常駐 新千歳空港12月から
2017年12月01日 北海道新聞

 【千歳】函館税関千歳支署と札幌入国管理局千歳苫小牧出張所は12月から、新千歳空港に24時間態勢で職員を常駐させる。航空機のUターンなど緊急時の対応の迅速化と、今後の深夜、早朝の発着便数増加に備えるの...

鉄路存続の必要性強調 DMVに期待 新ひだか町長
2017年12月01日 北海道新聞

 【新ひだか】高波被害で不通の続くJR日高線鵡川―様似間(116キロ)の在り方を考えるシンポジウム「日高の未来を考えるフォーラム」が30日、日高管内新ひだか町公民館で開かれた。酒井芳秀町長が講演し、「...

車輪に傷、特急など運休 JR旭川運転所
2017年12月01日 北海道新聞

 【旭川】30日午後、旭川市内のJR旭川運転所で点検中の列車(4両編成)の車輪に、基準値を超える傷が見つかり、この列車を使用する予定だった旭川発稚内行きの特急など計3本が運休するなどして、合わせて約2...

JR問題特別委設置へ 道議会自民が方針 14日までに可決
2017年12月01日 北海道新聞

 道議会の自民党・道民会議は30日、JR北海道の鉄路見直し問題を話し合う「北海道地方路線問題調査特別委員会」設置の決議案を、今定例道議会に単独でも提出する方針を固めた。自民会派は道議全99人の過半数の...

北見市新庁舎1日着工 政争20年、市長5回交代…
2017年12月01日 北海道新聞

 【北見】北見市は1日、JR北見駅近くで新市庁舎の建設工事を始める。完成は2020年9月の予定。新庁舎を巡る政争が20年以上続き、市長の交代を繰り返してきたが、ようやく「新たな北見の顔」の着工にこぎ着...

旭川空港に国際線 市補助
2017年12月01日 読売新聞

就航、増便で除氷費の3分の1  旭川市は1日から、市管理の旭川空港に国際線を新規就航したり、増便したりした外国航空会社に対し、航空機に向けて雪や氷を解かす除氷液を散布する「デアイシング」費用の3分の1...

稚内までの高速化も 宗谷本線存続向け意見交換会
2017年12月01日 稚内プレス

 市(地方創生課)主催の宗谷本線維持・存続に向けた意見交換会が30日夜、東地区活動拠点センターで開かれ、鉄路存続に向け参加者から様々な意見が出された。  参加した地域住民30人を前に、川野まちづくり政...
●indexへ戻る●  ●TOPへ戻る●